SSブログ
京都生活 ブログトップ

京都での一人暮らしは高くつく [京都生活]

京都と東京での二重生活をして二年半ぐらいが経つ。朝ご飯はなるべく、自炊するようにしているのだが、結構、これが高くつく。近くに阪急系のスーパー「いずみや」があるのだが、これは例えば東京の城南地区にある「おおぜき」、「サミット」、「いなげや」というローカルなスーパーマーケットはもちろん、「東急ストア」より品質が悪い生鮮品を提供し、なおかつ値段が高い。昨日などは、八分の一のサイズのスイカを498円で売っていた。しかも、元のサイズも小さいようなスイカである。東京の都立大学であれば900円で一玉買える。
 まだ、これらが美味しければ少しは納得できるのだが、美味しくないのだ。野菜、美味しくない・・・京都。いや、京野菜も売っていたりするのだが、それはそれで馬鹿高い。京野菜は美味しいと思うが、この値段だとちょっと一人暮らしだと手が出ない。というのは、新鮮なうちにそうそう食べきれないからだ。
 そもそも一人暮らしを気づいたのだが、タマネギを一玉買うと、そのタマネギを消費するために3日間ぐらいの献立が決まってしまう。先日はレタスを間違えて買ってしまったのだが、やはり、このレタスが献立を決める。そして、タマネギもレタスもそれほど高くないのだが、チキンサラダにしたりしようと考えると、ささみチキンを買ったり、キュウリを買ったりで結局、外食とほぼかわらないような値段になってしまったりするのだ。いや、三人前をつくるのであれば、一人当たりの額は自炊の方が安いだろうが、一人前だと本当、コスパが悪くなる。なぜなら、ささみチキン、レトルトなのになかなか高い値段だったりするからだ。まあ、この一人前は高いというのは、東京でも京都でも同じことなのだろうが、それにしても大学生が多い都市であるのに、なんか一人暮らしにそれほど親切ではないなあ、と思わせられたりする。
 そんなに「いずみや」に文句があればローカルのスーパーに行けばいいじゃないかと言われるかもしれない。京都にもフレスコというローカルのスーパーはあるのだ。しかも、これも家のすぐそばにある。ただ、このフレスコ、なんと「いずみや」よりさらに酷いのだ。
 京都に暮らしていて感じるのは、この消費生活が貧相なことである。これは、あまり指摘されていないことだが、東京のような生活をするうえでのコスパがいいのだ。スイカだけでなく、例えば焙煎珈琲豆なども、東京だと注文してから焙煎してくれるし、なおかつ値段も全然、京都より安い。以前、私が贔屓にしていた東京の焙煎珈琲豆屋に京都からわざわざ買いに来た人がいて、なんでわざわざここで買うのか、と訝しんでいたが、京都より安くて、新鮮(焙煎したものを新鮮というのも変だが)な豆が手に入るからだということを、こっちにきて知った。
 それでも、京都はまだ自立した生活はできるかと思う。私も仕事柄、家に帰るのが遅いので商店街とかをうまく活用できず、スーパー便りなので、豊かでない生活をしているというところはあると思う。東京にいると、肉屋は肉屋で、珈琲豆は焙煎珈琲豆屋で、野菜は八百屋で、パンやパン屋で、ケーキはケーキ屋で、としっかりと専門店で購入しているが、京都ではそこらへんがまだうまく回せてないからだ。とはいえ、この消費生活環境が、商品の供給力という点で劣っているだけでなく、コスパが悪い、ということが地方都市の東京に比しての大きな競争性の無さではないかと思われる。最近、本当、地方にいってお店に入って安いな、と感じることが少なくなっている。まあ、ちゃんとしたお店を見つけてられないといえばそれまでなのだが、非常に気になる東京と地方との違いである。というようなことを、まさか京都で書くとは思わなかった。京都はもっと豊かな消費生活環境を維持できていると思っていたからだ。

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都人のいじめ気質をコロナウィルス禍で再確認する [京都生活]

京都人はよそ者を見つけては虐める。とはいえ、日本を冠たる大学都市で、また観光都市であるのでよそ者を受け入れてはいる。よそ者が嫌いという訳ではないだろう。まあ、受け入れるからこそのイジメという風にも捉えられなくもない。よそ者がそんなにいなければ、そもそもイジメようという気分にならないし、観光プロモーションや大学の立地などさせないと思うからだ。
さて、先日、ある研究会があった。この研究会は、ほぼ関西のメンバーから構成されているのだが、私ともう一人は東京と京都を往来していて、二人とも東京人である。そうしたら、メンバーの京都S大学の先生が「東京はコロナウィルスの新規感染者数が増えているようで大変なんじゃないですか」と話を振ってきた。そして、「先日、東京の人が取材を依頼したら、東京の人は、コロナかもしれないので取材はお断りですよ、と言われたみたいですよ」と言ってきた。私が、「どちらに取材をしようとしたのですか?」と尋ねたら「京都ですよ」と答えてきた。
あまり、そういう意図はないのだろうけど、私ともう一人の東京と京都を往復する先生に暗に「来るなよ」と言っているような気になってしまった。あと、この取材を断ったのが京都、というのがとても納得できる。京都以外だったら、コロナが本音でも建て前で違う理由を言ってくるような気がする。あと、この話を私に伝えたのが京都の先生であるところも興味深い。普通、そういう話は東京人に対してはしなくてもいいと思う。いや、これが福岡とかだったら、第三者的に「酷いこと言うところもあるよね」というのもあるかもしれないが、自分も京都人だと、この話で暗に自分が思っていることを伝えようとしていると勘ぐられても致し方ないと思う。
まあ、こういうイジメかたは「ぶぶ漬け」のような回りくどさがなく、逆にあまりにもストレートなので分かりやすいのだが、なぜ、そんなことを敢えて言わなくてはならないのだろう。おそらく私に信頼されなくても屁のかっぱと思っているのかもしれないし、人を不愉快にすることで快感を得られる人もいるからな。あと、心に思ったことを言わないと気持ち悪い、というタイプなのかもしれない。
コロナウィルス禍なので、そのような見方をしてしまうのかもしれないが、よくよく考えると日本全体でもカリフォルニア州より面積的には狭いのに、こう地域での違いをことさらに強調するというのは、東京と京都の二重生活をしている私からすれば違和感は覚える。とはいえ、万が一、私がコロナウィルスの媒介者になったりしたら、まあ、彼女の不愉快な発言も正当化されるのだが。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都の観光公害を報じた恥ずかしいテレビ番組 [京都生活]

ラーメン屋に入って、ラーメンを啜っていたら、店内のテレビで京都の観光公害の特集をやっていた。Goodyというフジテレビ系のニュース番組である。ここでは、京都に来る外国人観光客のマナーが悪くて問題であるということを話題として取り上げていた。京都に生活する私としても興味のある問題なので、ラーメンを食べつつ番組を見ていると、なんと、テレビ取材者が花見小路の人混みに溢れた道に報道車で入っていき、人々がどかないことに何てマナーが悪いんだ、と呆れていた。私はこれを見て、人に溢れている花見小路に自動車で入っていくテレビ局の方によほど呆れた。いや、花見小路に自動車で入るな、とは言わないが、悪いがそこで生活している人以外は入って欲しくない。そもそも、京都の魅力は1000年以上も都市としての歴史が積み重ねられたことにあるので、その900年以上は自動車とは無縁であった。京都の都市としての魅力を最も破壊しているのは自動車であるな、と考えている私としては、そもそも京都ナンバー以外の自動車が入ってくるのは迷惑千万である。いや、観光客も多少、迷惑かもしれないが、車で京都の人混み溢れる道路(しかも花見小路)に突っ込んでくるテレビ局の方がよほど迷惑だから。
 もし、この私の意見が納得できなかったら、休日に下北沢の南一番商店街を車で走られたらいいと思う。ここも法律的には自動車が走行できるが、悪いけど誰もどかないよ。というか、入ってきたあんたが迷惑だと思われて顰蹙を買うだけだ。たまに、車が入り込み、大顰蹙を買うときがあるが、大抵、尾張小牧とか郡山などのナンバーである。同じことを鎌倉の小町通りでやったって誰もどかない。こういう歩行者が主人公のような空間をプレシデント・プレシンクトと言うが、京都は特に日本の都市では、法律的には自動車が通れるけど実質的には歩行者がよりコントロールしている道路空間が多くて、これだから京都は魅力があるのだ。
 他にも、この番組の偽善性は本当に鼻につき、観光客が提灯を頭の上にちょこんと載せた写真を撮っていることや、禁煙ゾーンでたばこを吸っていることなどを一つ一つ指摘して、注意をするのだ。確かにそれらの行為は褒められたものでは決してない。しかし、日本人観光客がヨーロッパのレストランでスパゲッティをずずずっとラーメンのように啜って食べていることは、皆、白い目で見ている。私は直接、ドイツ人の友人に、あのようになぜ日本人は食べるのだ、ヨーロッパではマナー的に許されないことなのに、と言われたこともあるので、皆、日本人のこの食べ方に密かに嫌悪感を持っていることをよく知っている。私もヨーロッパに日本人と同行して行き、レストランに入るときは祈るような気持ちでスパゲッティやスープ(スープは基本的に口に入れ込むもので啜って飲むものではない)を注文しないでくれ、と思うが、実際、注文して、周りから白い目で見られたりしている時も、一切、その点を本人には注意しない。それは、他国のマナーを強要すること自体がちょっと偉ぶっていると思われるからだ。また、日本人のスモーカーも平気で禁煙スポットで喫煙していたりするが確信犯であることはほとんどなく、注意をされると照れ笑いをしたりする。この番組では、禁煙ですよ、と指摘されて照れ笑いをして「知らなかった、ごめんなさい」と回答した中国人観光客に対して、「反省の色が見えない」などとテロップで流していたが、こういう恥ずかしい、偽善的な番組を作成しているフジテレビの方がよほど恥ずかしいし、反省してもらいたい。なんか、調子がいいときだけ「おもてなし」とか言ったりするが、まったく「おもてなし」精神がないこの番組づくりに日本人として恥ずかしくなった。
 他人の振り見て、我が振り直せ。私は8年間、海外で暮らしていたが、同朋として日本人観光客の破廉恥な行為を見て見ぬふりをしてきた。それは、海外の文脈で理解することはなかなか難しいということがあるからだ。できれば失敗や顰蹙を買った時などは反省してもらえればと思うが、毎回、来る観光客は違う。ただ「旅の恥はかき捨て」文化の日本が自分達がやっていることは棚に上げて、外国人を批判するような番組を上目視線でつくるというその根性を私は恥ずかしいと思う。

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

京都の公共交通サービスは帯に短したすきに長しだ [京都生活]

最終の新幹線で東京から京都に着く。金曜日の夜ということもあり、23時35分の地下鉄京都駅は人が溢れている。これなら、すぐ地下鉄が来るかと思い、時刻表をチェックしたら、なんと23時台は地下鉄の運行頻度は20分に1本だ。これだけ人が待っているのに、なんで運行頻度がこんなに冗長なのだ。もちろん、地下鉄のように一度に多くの人を運ぶモードだから、採算性を考えたら運行頻度を減らしたいという気持ちが分からなくもないが、いくら何でもこれではサービスが悪すぎるであろう。これなら、車輌数を半分にしてでも運行頻度をあげるべきだし、そもそも地下鉄を整備するには人口150万人というのは少なすぎるのかもしれない。とにかく、地下鉄では充実した公共交通サービスが提供できないようで、これは京都という素晴らしい都市の欠陥であるし、是正すべきだ。

次の日の朝、堀川通りの南に用事があったので、9番のバスに乗った。土曜日の7時30分という時間だったが、バスはぎゅうぎゅうで、私はバス停の最前列にいたが乗るのに躊躇するほどであった。これだけたくさんの人が乗っていると、目的地に着いてもなかなか降りることもできない。結果、時刻通りに運行できない。これは、バスというモードで交通需要を処理するには人口150万人という都市規模は大きすぎるということだ。

つまり、この都市にはバスと地下鉄の中間の公共交通が必要だということであり、それはライトレール、というか路面電車である。幸い、堀川通りとか路面電車を通すのに最適な道路がある。他にも五条通りとかも通せるであろう。モータリゼーションが進展し、成長が右肩上がりの時に貴重な京都の路面電車のネットワークをバスに置き換えたのは不幸であったが、現在のように自動車の先行きが行き詰まり、公共交通サービスも今一つの現状を大きく修正するには、抜本的な公共交通計画というか、交通計画全般の練り直しが京都には求められている。特に京都駅から北側において、その検討が必要である。

nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感
京都生活 ブログトップ