SSブログ

ドルトモントのフェニックス・プロジェクトで湖が既につくられており驚く [都市の鍼治療]

ドルトモントのヒューデ地区にある200ヘクタールという広大な製鉄所跡地を再開発したフェニックス・プロジェクト。2001年に製鉄所が閉鎖され、2005年に再開発の都市計画案が認可された。2008年に訪れた頃は、まだ製鉄所の建物さえ残っており、ここに湖をつくって水を張るというアイデアが荒唐無稽にさえ思えたのだが、実現されつつある。24ヘクタールの湖は既に水をたたえ、また、ここから流れるエムシャー川は、工業用水が流れていたルールのどぶ川といったイメージとはまったく異なる、草が生い茂る河川敷を流れ、とてもいい感じになっている。過去のこの土地を知らなければ、住んでもいいとさえ思えてくる。ドイツの都市づくりの底力を痛感する。

IMG_3811.jpg
nice!(1) 

nice! 1