SSブログ

『ブルックリン』 [映画批評]

シアーシャ・ローナン主演のインデペント映画。2015年に公開された。1950年代にアイルランドの小さな町(現在の人口1万2000人ぐらい)から、よりましな仕事を探すために、アメリカ合衆国のブルックリンへと一人で移民してきた若い女性の物語である。ブルックリンでの生活にようやく慣れてきた頃、アイルランドに戻らなくてはいけない事情が生じる。そして、アイルランドの家族のもとに戻ると、生活環境はずっとよくなり、また、裕福な美青年にも好意を寄せられる。そこで、彼女が残るか、残らないかを逡巡している時、傍から見れば些細なようで、しかし、本人にとっては耐えがたいような事件が起きる。
 この映画は、極めて良好な映画である。別に見なくても失うものはない。「死ぬまでに見るべき映画100選」とかに選ばれるような映画からは、まったく距離を置いた映画である。しかし、見ると心が豊かになるというか、人生のビタミンになるような映画である。美味しい副菜のような位置づけだ。そうそう、若い人はデートとかにこの映画に行くといいかもしれない。一生懸命、生きようとする若者達の真っ直ぐな姿勢が涼風のように見る者の心に訴えかけてくる。
 なにしろ、主演を務めるシアーシャ・ローナンが素晴らしい。決して、美人女優ではないが、あの凜としたカリスマ性溢れる佇まい、ウィット溢れる知性、透明感溢れるキャラクターは、映画に品格をもたらす。この映画の評価は、おそらく彼女以外の女優が演じたら、下がったであろう。
 この映画をみて人生観が変わるようなことはまったくないと思うが、ちょっと打ちひしがれた時や、肯定的な気分になりたい時は有効に働く映画であると思う


ブルックリン [AmazonDVDコレクション]

ブルックリン [AmazonDVDコレクション]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2018/07/04
  • メディア: DVD




ブルックリン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ブルックリン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2018/07/04
  • メディア: Blu-ray



nice!(0) 

nice! 0