SSブログ

ゴールデン・ステート・ウォリアーズがファイナル進出 [スポーツ]

ちょっと前の話になってしまい申し訳ないが、ゴールデン・ステート・ウォリアーズが3年ぶりにファイナルに進出した。いや、昨年も昨年度もプレイオフにも進出できなかったので、これはなかなか驚きの快挙である。とはいえ、昨年のフィニックス・サンズの10年ぶりプレイオフ進出でのファイナル進出に比べれば大したことはないかもしれないが、それでも3年ぶりのプレイオフ進出でのファイナル進出は快挙である。
 思えば、シーズン開幕当初は、ウォリアーズはプレイオフにギリギリ進出できると予測する評論家は少なくなかった。なかにはプレイオフも無理なんじゃね、という意見もあった。当時はレイカーズ、ユタ、デンバーあたりがファイナル候補として挙げられており、フィニックスがダークホース(昨年、ファイナルに進出したにも関わらず)というような位置づけであった。しかし、蓋を開けてみれば、ベスト4はウォリアーズ、マーヴェリックス、グリズリーズ、サンズ(フィニックス)とどちらかというと過小評価されたチームが出揃った。まあ、私もこのような事態は想定できなかったが、評論家もあまり分かってないな、ということを改めて思い知ることになった。
 さて、それはともかくウォリアーズのファイナル進出は素直に嬉しい。ジョーダン・プール、アンドリュー・ウィギンスといった新戦力の貢献度が高いことも喜ばしい。プールは昨年とかはDリーグでプレイしていたことを考えると驚きである。そして、ウィギンスはドラフト全体一位で選ばれたことが災いして、ミネソタではずっとバスト(大失敗)と揶揄されてきたが、ウォリアーズという新天下に移ってからはオールスターズに選ばれるほど前半戦で活躍し、プレイオフの大躍進の要因にもなっている。野村再生工場ならぬウォリアーズ再生工場だ。
 ファイナルの相手はディフェンス力が高く、しかも身体も大きな選手を擁するボストン・セルティックス。レギュラー・シーズンでも負け越しているので苦戦が予想されるが、ここまできたら、是非とも3年ぶりの優勝を果たしてもらえればと思う。ゴー・ウォリアーズ。

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感