SSブログ

白金台って高級住宅地ですよね? [都市デザイン]

白金台は日本中の主婦が羨むシロガネーゼの生息地である。当然、ゴージャスな家々が立ち並び、緑豊かで高級食材を扱うショップがあり、歩道もしっかりと整備された高級住宅地というイメージを人々は持っているであろう。もちろん、そのような場所はある。プラチナ通りと呼ばれる外苑西通り辺りは、まあそういうところがない訳ではない。しかし、最近、この白金ブランドをうまく商売に使おうとした不動産開発が多く、白金台のスラム化が進んでいる。まず、高層マンションの乱立である。目黒通りや桜田通りにはばんばん高層マンションが建てられ、瀟洒な戸建て住宅の背景に壁のようなものが立ち並び、空も狭くなってきており、ちょっと怖い印象させ受ける。もう一方は、チープで小さい敷地につくられるセコセコ戸建て住宅である。こんなセコセコ戸建て住宅を高額の金(5000万円以上!)で買うくらいなら、郊外でそれなりの広さの家を買えばいいと思うのだが。住所が白金台でも、これじゃあねえ。って何がこれじゃあねえと言っているのかというと、上記の写真。ここに二つも戸建て住宅を建てるらしい。こんなセコセコ戸建て住宅に住んでいて、シロガネーゼになれるのかというと、それは違うと思う。白金台を開発する不動産業者は、白金台らしさを維持することを意識しないと。ブランドにフリーライドすることばかり考え、そのブランド価値を落とす行為は、周辺の住民も地価が下がるからもっと積極的に反対した方がいいと思うのは私だけではないだろう。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0